借金の返済方法に悩んだときは債務整理をすべき

sumaho11
借金の返済を続けるのが難しくなった、あるいは
滞納しているというとき、どれだけ考えても返済方法が
思いつかないなら債務整理をするといいでしょう。

債務整理というのは、弁護士や司法書士などの
専門家に依頼して行う、法律に基づいた
借金解決手続きです。

債務整理を依頼するためには、
弁護士や司法書士への報酬が必要となります。

報酬は後払いでもいいですし、
相談には無料で乗ってもらえる場合も多いです。

別に依頼をするために、法律について
勉強する必要はありません。

また、手続きのほとんどは法律家が
代行してくれますから、難しい部分はありません。

債務整理をすると、借金を大幅に減額できたり、
今後の利息支払いを免除してもらえたりします

債務整理の中でも自己破産は特に効果が高く、
どれだけ借金総額が高かろうと
一気に借金をゼロに戻すことができます。

具体的に、どんな債務整理の方法を選択するかは、
法律家と一緒に考えるといいでしょう。

収入が多ければ多いほど、
デメリットの少ない債務整理方法が選択できるでしょう。

仮に収入が全く無かったとしても、債務整理をして
借金問題を解決することは可能です。

債務整理というと、裁判所に出廷しないといけないから
難しそうと思う人もいるかもしれません。

しかし、全ての債務整理方法が
裁判所と関係するわけではありません。

例えば、任意整理ならば裁判所は無関係なので、
気軽に手続きを進められます。

債務整理以外にも、おまとめローンを使う
返済方法などもありますが、一番、完済が近づく返済方法は
債務整理ですから、一度は検討してみるべきです。

1位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧


記事保管所

借金やクレジットカードの返済方法に困ったら

saimuseiri17

クレジットカードでお買いものすると、キャッシュレスで
支払いできて便利です。

そんなカードをご利用した後は、翌月から支払いすることが必要です。

返済方法には一括払い、2回払い、分割払い、リボ払いなど
いろいろです。

ご利用した後に、まずカード会社がお店に立て替えして
支払いしている状態なので、借金と同じと考えた方が良いです。

もしご自身の財布のように使ってしまい、後で返済を
滞納してしまうと、カード会社からお支払いしてくれと
催促が来てしまいます。

返済猶予が過ぎてもお支払いが確認できないと、
ブラックリストに掲載されることがあります。

ブラックリストに掲載されている期間には時効がありますが、
3か月以上の延滞で1年間、自己破産などの債務整理では
5年から最長10年とかなり長期間です。

カードの利用も停止されてしまいますし、新規で作成しようとしても
審査に落ちてしまいます。

もし間違いであればブラックリストから削除して貰えますが、
正当な理由の場合は削除してくれることは無いです。

費用をお支払いすればブラックリストから削除してあげると
言ってくる業者は詐欺の疑いが濃厚なので、
依頼してはいけないです。

どうしてもお支払いに遅れそうと言うときは、
まずはカード会社に電話して相談することが大切です。

連絡が取れなくなると言うのが一番いけないことです。

当分の間は返済出来そうもないと言うときは、
弁護士事務所にご相談してみて下さい。

弁護士事務所では、カードの返済に困った方に無料相談を
受け付けしています。

無理のない借金の返済方法についてご紹介

saimuseiri10
現在、消費者金融などの金融業者を始めとして、
クレジットカード会社が発行するクレジットカード、
そして銀行系カードローン会社のカードローン。

それらを利用して、キャッシングを行い、
複数の金融業者からお金を借りている状態。

つまり「多重債務状態」に陥る人
増えていると言われています。

多重債務状態は、ほとんどのケースで
自力での返済が不可能となっている場合が多いのです。

金融業者から借りた借金を返済する為の返済金を、
他社の金融業者から借りて行う、
いわゆる「自転車操業状態」になってしまう人も珍しくありません。

この自転車操業状態にまで、債務者の人が陥ってしまうと、
もはや、自力での借金完済はおろか、まともな生活すら
送る事が出来なくなるケースもあります。

毎日のように、消費者金融などから返済を迫る
電話がかかってきたり、督促の手紙が送られてきたりして、
債務者は心身ともに疲れ果てていってしまうのです。

このような状態に陥ってしまった場合には、
自分自身の借金の無理がない返済方法を
見つける必要があります。

国は、多重債務の状態に陥っている債務者に対して、
債務整理と呼ばれる、様々な種類の
債務の整理方法を設けています。

債務者の人を救済する為の措置が、
債務整理なのです。

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生
そして自己破産があります。

この内借金が文字通り帳消しになるのは、
自己破産のみ
になります。

後の債務整理は、全て利息の減額や減率、
そして借金の元本を減らすなどの措置を取った後に、
借金を無理のないペースで返済してゆく、債務整理方法となります。

借金の返済方法に行き詰まったら債務整理

saimuseiri01
借金の返済方法に行き詰まったら、
債務整理を考えてみてください。

債務整理は、借金の返済方法に困ったときに
使うことができる法的手続きのことをいいます。

債務整理には、「自己破産」「任意整理」
「特定調停」「個人再生」
の4つの方法があります。

この4つのうちの、どの方法を選択したら
いいのかということは、弁護士や司法書士などの
専門家に相談して決めた方が安心です。

弁護士や、司法書士などの専門家に
相談することは恥ずかしいと思うかもしれません。

私も借金をしたことがありますし、
その借金が返せなくなった経験もありますから、
恥ずかしいという気持ちはよく理解できます。

しかし、できるだけ早く
相談して欲しいと思っています。

迷っている間にも、どんどん借金は膨らんでいきますし、
精神的にもどんどん追い詰められていくからです。

それに、この4つの債務整理について、
隅から隅まで知っているのは専門家以外にいないのです。

すべてを知っている人に、これからのことを
判断してもらわなければ、現時点での問題を
解決することができないでしょう。

さらに、深みにハマってしまうことになりかねません。

専門家に相談することは、
恥ずかしいことではないのです。

借金の返済方法に悩んで追い詰められた、
たくさんの人たちが、専門家の助けを借りて
泥沼から抜け出すことに成功しているのです。

借金の返済方法に困っている人にとって、
最良の方法を見つけ出してくれます。

ただし、どの専門家でもいいわけではありません。

債務整理に精通した、経験豊富な専門家に
相談するようにしましょう。

最近は、無料相談できるところがほとんどですから、
できるだけ早く相談してくださいね。

困ったときに家族に内緒で進めたい借金の返済方法

saimuseiri12
借金の返済に行き詰り、滞納すると
催促の電話がかかってくることがあります。

もし家族がその電話に出てしまうと、
借金して返済に行き詰っていることが
バレてしまいます。

そんな困ったときの、
借金の返済方法に任意整理があります。

債務整理には、自己破産もありますが、
その場合マイホームは差し押さえされてしまいます。

さらに、同居している家族の
収入証明書類の提出も求められます。

マイホームを差し押さえられれば、同居している家族には
必ずバレますし、内緒で収入証明書類を準備するのは
難しいものがあります。

例え内緒で準備できたとしても、家族の協力を
求められたほうが良い場合が多いです。

しかし、任意整理なら裁判所を通さずに
債権者と任意で交渉を行います。

裁判所から通知が届かないので、
家族に知られずに、債務整理を
進めることが可能です。

裁判所を通さない分だけ、
自己破産よりも手続が比較的簡単です。

まずは、利息制限法の引き直し計算を行い、
借金を確定させます。

利息制限法の上限金利を超えて借りており、
過払い金が発生している場合は取り戻すことが可能です。

借金が減額されたうえに将来利息も原則カット、
今より少ない返済額で借金返済ができるのです。

任意整理ではデメリットもあります。

3年から5年で、分割返済を続けるだけの
安定収入が必要ですが、債権者によっては
任意整理に応じてくれないことがあります。

債権者と交渉するのは、一般の方では
難しいものがあります。

ブラックリストに掲載され、
5年ほどは新規ローンを組んだり
クレジットカードの作成は出来ないです。

自己破産や、個人再生と比べると
借金の減額が少ないです。

借金の返済方法についてご紹介

kinnyuu07
消費者金融などの金融業者や、
クレジットカードを発行しているクレジットカード会社。

そして、銀行系カードローンを運営している
カードローン会社からお金を借りて、
多重債務の状態になっている人。

このように様々な金融業者からお金を借りて、
多重債務の状態になっている人は、
増えていると言われています。

もはや、自力でお金を
金融業者に返済する事が不可能
なっているケースが目立ちます。

そのような状態に陥っている人の
返済方法として、債務整理があります。

債務整理は、借金を行って返済不能となっている
債務者に対する救済措置でもあります。

債務整理の方法として代表的なのは、
任意整理、特定調停、個人再生、
そして自己破産の4つです。

この内、任意整理は、消費者金融などの
金融業者と債務者の間に、弁護士や司法書士が入って、
借金の減額や利息の減率を申し込む債務整理方法です。

債務整理の中で、唯一裁判所を介さない
方法でもあります。

そして、特定調停は、裁判所が消費者金融などの
金融業者と債務者の間に入って行う債務整理です。

特定調停は、任意整理と同じ様に、
借金の減額や利息の減額、利率の減率、
返済額の減額などを行います。

個人再生は、債務額を5分の1に減額して、
その債務を3年から5年以内に全額返済すれば、
住宅などの資産を手放さずに済む債務整理方法です。

そして、自己破産は債務整理の中で
唯一「借金が全額帳消しになる」債務整理方法です。

しかし、債務者が所有している資産や
住宅などの資産は、原則として全て手放して、
裁判所の管理下に置かれる事となります。

借金を消したいならこの返済方法を利用する

saimuseiri07
借金の返済方法を考えることはとても重要で、
間違えるとそれだけで返済が厳しくなります。

返済をしっかりするためには、
返済方法をきちんと計画することとなります。

しかし、返済が上手くできず、
途中で方向修正をすることも多いです。

そして、修正した方法でも返済が上手く出来ないために、
返済不可能になる場合があります。

ここで利用したいのが、債務整理であり、
一気に借金を大幅に減額し、
返せるようにします。

場合によっては自己破産によって、
全ての借金を無くす方法も使えます。

どちらにしても、返済するために取る手法であり、
返済できない人が使うことになります。

返済ができそうなのに利用するのは、
決していいことではありません。

返済できなくなったと思ったら、
返済方法を債務整理に切り替えます。

そして、弁護士の方に相談をして、
最適な返済方法を見つけてもらうのです。

これによって債務整理が行われ、返済が楽になった後は、
決められた年数で返済を完了させることになります。

債務整理は債権者との間で、返済までの年数を
決めることが義務付けられています。

この計画をしっかり立てておかないと、
債務整理をしても返済不能になる場合があります。

なるべく返済できる計画を弁護士と立てて、
楽に返済を終わらせてください。

任意整理や個人再生のように、
債務整理後に返済が残ることも多いです。

その場合は、無理のない範囲で返済を続け、
利息なしで借金を返してください。

借金の返済方法-任意整理と過払い金返還請求について

saimuseiri03債務整理とは借り入れたお金の返済が困難になったとき、
法律に基づいて借入金を整理することをいいます。

大きく分けると、債権整理には、
過払い金返還請求、任意整理、自己破産、
個人再生の4つの種類があります。

債務整理をする場合には、状況に応じて、
最も適した方法を選択することが大切です。

裁判所を通さずに、借金を減額する
手続き交渉のことを任意整理といいます。

任意整理をする場合には、
安定した収入があることが条件となります。

もし、貸金業法改正前の高い上限金利で、返済をしていた場合、
計算し直すことで、大きく元金が減ったり、
払いすぎた分が過払金として戻ってくる可能性もあります。

過払金とは、本来貸金業者に支払う必要がないのに
支払い過ぎてしまったお金のことで、
過払い金返還の手続きをすることを過払い金返還請求といいます。

任意整理は、他の方法に比べると、
短所が比較的少なく長所が多い方法といえますので、
借入金の整理の中では最も多く行われている方法です。

多額の債務を抱えている人が、任意整理を行うことで
容易に返済することが出来る借入額とすることが出来ます。

任意整理のメリットとして、裁判所を通さない
整理方法であることが挙げられます。

したがって、官報にも名前が載ることがなく、
第三者に知られるということもありません。

債権者との間に弁護士や司法書士が入り、
債権者と直接的なやり取りを行ってもらえるでしょう。

債権者と直接交渉する必要のないため、
債務者にとって負担の少ない返済方法といえます。